断食という言葉を聞いてしまうと、なんだかとても大げさなイメージを
お持ちの方も多いのではないてでしょうか?

 

確かに、修行僧などが修行の一端として行う断食は
かなり本格的なものであり、かなりな精神力を必要とするでしょう。

 

ですが、今回お話しさせて頂くプチ断食はそれほど大げさなものではなく、
「酵素」を摂取しながらの合理的かつ空腹感の少ない方法です。

 

酵素は、私たちが日常的に摂取している食物の中に含まれており、
よほどの偏食をしてしまわない限り、日々不足するということは滅多にないでしょう。

 

ところが、プチ断食を行うと、どうしても消化や代謝を促す酵素の量が不足します。
そこで、「酵素ドリンク」や「酵素シロップ」など、酵素製品の出番であるというわけです。

 

前述のように、プチ断食時に酵素製品を摂取することにより、
体内の酵素の量が極端に減るという事態を避けることができますが、
実は酵素製品の摂取により、もうひとつ大きな恩恵を受けることができるんです。

 

それは、空腹感の緩和。

 

一般的な食事制限によるダイエットもそうですが、
プチ断食もある意味食欲との闘いです。

 

その最も辛い部分をカバーしてくれるのが酵素です。
とはいえ、プチ断食を前日には「お粥」などの流動食で、
ある程度の空腹感に慣れておく必要があります。

 

また、プチ断食終了後も最低1日は「回復食(準備と同様のお粥など)」から慣らし、
ゆっくりと通常食に戻す必要があります。

 

酵素を摂取しながらのプチ断食は、通常の断食と比較した場合には楽であり、
大きな苦痛を感じることはないといいます。

 

ですが、短期間であっても断食をすることには変わりありません。
プチ断食のメカニズムを理解し、酵素の力を借りて上手なプチ断食を行いましょう。