空腹感をほとんど感じることなくダイエットが行える方法として
脚光を浴びている「酵素ダイエット」。

 

「酵素ダイエット」とは、通常の食事を「酵素ドリンク」や「酵素シロップ」に置き換え、
水分を大量摂取して行う「置き換えダイエット」であり、プチ断食とも呼ばれています。

 

ところでそのプチ断食ですが、何日間をかけて行うことがベストなのでしょうか?

 

「酵素ドリンク」や「酵素シロップ」によるプチ断食は、
「3日間プチ断食」、「週末プチ断食」、「半日断食」に大別されており、
それぞれに高い効果を発揮します。

 

まず、「3日間プチ断食」ですが、これは3日間をかけて
1日目は準備期間、2日目は断食、3日目には回復食を行うという方法で、
激やせすることはできませんが、デトックスを行うことが可能で、
「週末プチ断食」として行う方も大勢いらっしゃるようです。

 

そして「半日断食」です。
これは3日間かけて行うプチ断食とは異なり、
断食を行う前日の夕食から18時間だけ断食を行う方法です。

 

なぜ18時間なのかといえば、私たちが食事として摂取した食物が
体内に滞在する時間が18時間だから。

 

つまり、18時間の断食を行うことにより、
体内に滞在していた食物を一掃できるということなんです。

 

いきなり3日間のプチ断食を行うことが難しい場合には、
ひとまずこの「半日断食」を行い、断食そのものに慣れてみるというのもひとつの方法ですね。

 

プチ断食では激やせしてしまうような大幅な減量を行うことはできませんが、
長期戦で取り組むのであれば、ひとまず「半日プチ断食」
それから「3日間プチ断食(週末断食)」という具合に、
段階的にプチ断食を行ってみてはいかがでしょうか。